肩こり 原因 改善 妊婦

肩こり 原因 改善 妊婦

長時間のパソコンやバイトなどで肩こりが酷く、腕を上げるのが辛い

 

小学生の時から、長時間のゲームやパソコンでの動画視聴などの影響でいつも肩が重く、痛みを感じています。高校3年生の受験期には、長時間座って勉強することが多くなりました。勉強に集中するので、姿勢が悪くなり、肩の負担が大きくなりました。それが原因で腕を挙げるのがつらくなりました。また、猫背なので歩いているときでも肩の痛みを感じることがあります。バイトを始めてから立つ時間も多くなり、肩だけでなく背中から腰にかけての痛みも感じるようになりました。バイトでの疲労に加え、昔からの肩こりがひどくなっているので、睡眠にも影響が出始めています。最近は、以前よりもパソコンでタイピングする時間が増えました。1日中パソコンで文字を打っていると血行が悪くなり、肩の痛みがピークに達します。極力、肩を回したり、肩をもんだりしていますが、一向に治る気配がありません。どうしても痛みに耐えられないときにだけ湿布を貼って痛みを緩和しています。

睡眠時間を増やす事と、ストレッチをする事で改善!

 

血行が悪くなると肩こりがひどくなると知ったので、頻繁に肩を回して肩・首周りをほぐすようにしています。肩甲骨を動かすことを意識してゆっくり、大きく回しています。また、インターネットで調べたストレッチを試しています。正面を向いたまま頭を左に倒し、耳を左肩に近づけて止めます。これを30秒続けます。頭を左に向けて倒し、鼻を左肩に近づけて30秒とめます。これを左右交互に3セット行います。次に、両腕を開いて肘から上を天井に向けたまま、肩甲骨を下方向に動かします。肩甲骨を下まで十分に下げることができたら5秒間キープして、ゆっくり元の状態に戻ります。この動作を10〜20回ほど繰り返します。この運動で上部線維と肩甲挙筋を伸ばすことができるので、肩こり改善のために積極的に取り組んでいます。いつもは寝る前にこの運動を取り入れています。この他に、睡眠時間を7時間以上とることで全体の疲労を蓄積しないようにしています。

一緒に読まれている記事